PORSCHE 924CS

この924系サイト管理人の愛車です。

924CS
H14.5/5 東京駅前にて

ユウキ@924CS ©

No.A100

PORSCHE 924S Club Sport (1988)(E-924)
21世紀は、走行29671qで迎えました。2005年12月現在37958km,2006年12月現在38039km

931から信頼性と発展性を考え、最終型で限定スポーツモデルの924CSに乗り換える!

924は1976年に登場し1988年までの間に14万台生産されました。
1988年のラストイヤーモデルには世界限定1000台の特別モデルが用意され、
その中の12台がClub SportのMT車になりました。私のCSはその内の1台です。

924CS+931 [11KB] ▼ 1976年 924登場(2000cc)!(詳しくは歴史を見て)
▼ 1988年 924S/944はエンジンの圧縮比が10.2:1になって155HPから160HPになりました。マニュアルミッションがヨーロッパ仕様に統一になりました。924S(535万、550万)。この年が924の最終型です。

CSスポーツシート [8KB] ● 924Sクラブスポーツのボディーカラーは5速MT(625万円)がブラック、3速AT(640万円)がアルペンホワイトの2色のみです。 世界限定1000台の内、日本への割り当てはMTが12台、ATが8台です。他国への980台は Le mans と命名されました。
●  In 1988, Porsche released the limited model of 924S.
While 980 cars were sold as 924S Le mans in the world, 20 cars were sold as "924S Club Sport" in Japan.
This Japanese limited model had some equipments different from world models, e.g."bee sting"roof antenna.
12 cars out of 20 were MT models, and I own one of them!
 クラブスポーツは、一時ポルシェのほぼ全モデルに設定がなされました。
「911 3.2カレラ」「944−2.7」「944S2」「968」そして「928S4」にも!

● クラブスポーツは元々サンデーレース等も楽しめるスポーツモデルと広告に書いてあったので、本国ではおそらく、エアコン、パワーウインドゥ、リアシート等が除かれて徹底的に軽量化されていたはずと思っていました。911CSがそうだし。
しかし、謎の日本仕様はスポーツシャシー、360mm径革巻き4本スポークハンドル、 スポーツシート(サイドの張り出しが大きい)の他に、なぜかエアコン、パワーウインドゥ、パワステ、リアシート、リアワイパー、リムーバブルトップ、マッドガード、カセットコンソール、4スピーカーが標準装備で豪華です。 ちなみにリムーバブルトップとはサンルーフのことで、脱着式でFRPなのか樹脂製のようです(931も)。チルトだけ電動式です。 車検証上は増量になっていません。コーナーウェイトゲージ計っても同じ感じでした。リアのエンブレムは924Sのステッカーです。しかし、私はCSのエンブレムを勝手にチタンで作りました。 「924S Club Sport」を略しても「924SCS」とは呼びたくない(911SC−Sみたいだから)、「CS」です。

2000年1月9日、東雲のSオートバックスでパワーチェックしました。結果は馬力測定グラフをご覧下さい。

CSホイール ● 他にノーマルとの違いは、ボディーのモールが944用の太い物になっている。アンテナがフェンダーに電動ではなくルーフトップタイプになっている。 ホイールがボディーと同色でリムだけ変な色に変更されている。ホイールサイズもノーマルが前後6JX15なのに対し、タイヤは同じ195/65-15ながらリアホイールのみ944と同サイズの7JX15になっている。 (装着タイヤはドイツ製センペリット社)
内装もカレラGT譲りなのか縦縞模様でグレー地にホイールと同色のライン入りになっている。
右側シート(助手席)を裏返すと、RECAROシールと911.521.008.07と品番が書かれた布があります。
924Sの日本専用装備であるフロントオーバーフェンダーですが、924CSのはモールの逃げの切り欠きが無くCS専用品です。
リアのマッドガードも924ターボではモールの逃げの切り欠きがあるが924CSのにはありません。これは逆に出っ張りを切り取って水平にしています。
● そして一番驚いたのは、車高調が入っていることだ!1995年11月頃までは車検が厳しかったので、車高調でそのまま車検に通るというのに驚きました。 写真のフロントストラットの皿に注目!
インナーカートリッジ交換式のKONIのようです?

ステンメッシュブレーキホースとドリルドローターは社外品でノンオリジナルです。

左ショックの刻印 944.343.051.00 と、05200とアウディーVWマークと10F701
車高調の皿には 937.343.626.01 と言うカレラGT品番が打ってあります。

サスのコイルには赤いマーキングが塗ってあります。これもM030の証。

●  リアのアームは944同様アルミ製です。リアのショックアブソーバーは黄色いKONIのバリアブルです。 市販品と異なり純正品番が入っているだけではなく、緑のラインが入っているM030(スポーツシャシー)です。
M030なのでリアのスタビなんか968CSより太い市販シリーズ最強の20mmです。

●  エンジンは今となっては非力なSOHC8バルブの2.5Lです。
CSに限らず、'88から924Sは155HPから160HPになります。
日本仕様の'88モデルはハイオク用マップをレギュラー用にしてパワーダウンし、140HPしか出ていません。FQSを-3%モードにする必要があります。
MT車のみ触媒以降が944Sと同じマフラーに変わりました。パイプが太くなりサブマフラーが付きます。
エキマニは純正状態で鋼板製4in2in1です。944と同じなのでバランサーシャフト付きのエンジンです。

●  マニュアルトランスミッションはこの年から世界共通になり、ヨーロッパ仕様に統一されました。
結果、日本/USA仕様の5速ギヤが低くなりました。CSでもLSDはオプションで未装備です。016J[QK]です。

■  [ ORIGINAL PORSCHE 924/944/968 ]と言う洋書を見ると、[ Le mans ]なる'88-924モデルが載っています。
写真を見ると、924CSととかなり似ていていますが異なります。やはり白と黒の設定があったようです。

924Sの世界限定1000台の内、980台が 924S Le mans で、20台が 924S Club Sport です。
Le mans モデルは1987年7月から9月の間に980台生産されたようです。

[ christo phorus No208/October 1987 ]を見ると1988年モデルの924Sに特別仕様車の設定が詳しく書かれています。
924S Version 1 ,924S Version 2 です。上記のblackが1でalpine whiteが2になったようです。
ホイールはボディ同色でリムがそれぞれ、black/turquoise ,alpine white/ocher になっています。シートも灰色地にそれぞれの色で縁取りがされています。 the sports chassis for 924 S Exclusive models.

●  自分が924CSを初めて知ったのは世界文化社発行 [ Car EX MAR.1993 Vol.5 ] のP.27に968CSの説明で、
「エアコン、パワーウインド、電動シート・・・、そんなモノがスポーツカーに必要なのか。
技術主任ヘルムート・ボットの答えはNOだった。
そこで誕生するCS。968以前に911,944,924にもCSがあり、どれも走りのための装備は一切排除した。
リアシートからエンブレムまでグラム単位で軽量化が図られたCSに、世界中のファンは熱狂した。」
と言う文ででした。

昔は資料が全くなく、924CSの資料というとCG誌1987-12(321号)のPORSCHE NEWS & INFORMATION に書かれているだけで、 リアシートがあるのかないのかさえわかりませんでした。

THE SPECIAL CARS '88 1st issue SPECIAL PORSCHEには'88D車の新車ラインナップの記事があります。 ここで924CS(黒)のカラー画像が1枚大きく出ていますが説明文は通常の924Sのことのみでした。

924S



'86-924S'87-924S'88-924S'88-924S
Club Sport
'88-924S
Le mans
日本店頭価格-MT
-AT
モデル無し
DM-42,000
5,350,000
5,500,000
5,370,000
5,520,000
6,250,000
6,400,000
モデル無し
限定車台数black


Japan:12(MT)W-Germany:200
USA:500
Other:113
限定車台数alpine white


Japan:8(AT)W-Germany:50
Other:117
台数
35368940
4193
全長(L)4212mm
(4185mm)
USA:4290



418cm
全幅(W)1685mm


168cm
全高(H)1275mm
(1280mm)



128cm1265mm?
ホイールベース2400mm




トレッド(前/後)1430mm/1365mm




車重(MT)車重の違いは標準状態でのクーラーの有無等EU:1190kgJap:1230kg
EU:1210kg
USA:1240kg
Jap:kg
EU:1240kg
USA:1240kg
Jap:1230kg
(630:600)
EU:
エンジン出力2479cc150HP/5800rpm155HP/5500rpm160HP/5900rpm
エンジントルクM4419.9mkg/3000rpm20.2mkg/3000rpm21.4mkg/4500rpm
圧縮比(オクタン価)ボア100*ストローク78.9mm9.7:1(91RON)9.7:1(91RON)10.2:1(95RON)
最高速度
0→100km/h
5MT215km/h
8.5秒
215km/h
8.5秒
220km/h
8.2秒


最高速度
0→100km/h
3AT215km/h
10.0秒
215km/h
10.0秒
218km/h
9.5秒



前輪6J*15(195/65)6J*15(195/65)6J*15(195/65)6J*15(195/65)6J*15(195/65)
(M396)後輪6J*15(195/65)6J*15(195/65)6J*15(195/65)7J*15(195/65)7J*15(195/65)

フロントスタビ
20mm23mm23mm23mm
M404リアスタビ
14mm20mm20mm
フロントブレーキベンチレーテッドディスク
フローティングキャリパー
292.5mm



リアブレーキベンチレーテッドディスク
フローティングキャリパー
289mm




クーラー
標準標準標準OP

パワーウインドー
標準標準標準OP
M425リアワイパー
8万8万標準標準
M650リムーバブルトップ
23万23万標準標準

リアマッドガード
標準標準
M288ヘッドライトウォッシャー
8万8万
OP
M220リミテッドスリップデフ(40%)
20万20万

M030adjustable height-KONI-


標準標準

スポーツシート


標準標準

リアスピーカーグリル不明標準標準標準

参考にしたDimensions Tolerances,Original Porsche,HISTORIC CAR BOOKS,車検証,実測で数値が異なっています。

■  長年私が924なのは、初代セルボに乗ってた位コンパクトで着座位置の低いスポーツカーが好きだからです。 でも、924CSは924Turbo−Sと違ってシートが高い(930用?)悲しい。カレラGTもほぼ同じだけど。アルミ製の高さ調整ブロックが残ったままなのかな?

自分の924CSは[WPOZZZ92ZJN4003**]と言う'88モデルの300番台です。初年度登録は昭和63年('88年)8月なので売れ残りでしょうか?

エンジンNo.はエンジンブロックのエキゾースト側クラッチ寄りに刻印があります。M44/09 48000616

新車納車時のデータをディーラーで調べてもらいました。

Model/Type ----- 477 / 132
VEHICLE-OPTIONS ----- 030,360,431,526,573,650,657,755,989
Interior Eqp ----- RP

オプションの内容は、
M030 SPORT-TYPE RUNNING GEAR"KONI"WITH VERTICAL ADJUSTMENT スポーツシャシー
M360 SPLASH GUARD CORNER PIECES マッドガード
M431 4-SPORKES STEERING WHEEL(LEATHER),DIAMETER 363MM 梯子ステア
M526 DOOR PANELS(CLOTH) クロス地ドアパネル
M573 AIR CONDITIONER クーラー
M650 DETACHABLE ROOF,ELECTRICAL リムーバブルトップ
M657 POWER ASSISTED STEERING パワステ
M755 SPECIAL MODEL '88 スペシャルモデル1988
M989 SPORT SEAT LEFT AND RIGHT スポーツシート

個人売買で購入しましたが走行1.6万km台でとても綺麗でした。
ルーフを収納するケース、車載工具、オーナーズマニュアル、記録簿、ほとんど付いていました。パトライトと空気圧ゲージだけ無いようなものです。 予備のクラッチ一式ももらいました。

■ 私の924CSは走行距離が少ないこともあってかトラブルは2つだけ、乗らないでいたためにクラッチシリンダーからオイル漏れしたことと、リレーが壊れたことくらいです。
あと、ウォッシャーポンプが壊れたっけ。
  はっきり言って、国産車よりトラブルが少なかったです。
  19年経って、細々故障発生。電動ファン回りっぱなし(センサーか?)、クラッチレリーズシリンダーまたオイル漏れ。
  924CSディーラーのステッカー画像
■ 1回目の車検以外は全てユーザー車検であまり部品交換していませんが調子イイです。
  エンジンのタイミングベルトは4万Km交換推奨らしいが8万Kmでもよい記事もあり悩んだが、9年目(2.7万Km)の時に交換しました。

日記的に私の924話も書いています。
 
924CS[12KB]

完成間近の東葉高速鉄道八千代緑が丘駅予定地にて 1994.07/08

鹿島鉄道機関庫前にて 1994.10/20

924CSの改造点
ENTER